レビトラの副作用の症状はかなりきついですか?

Pocket
Digg にシェア

普段の生活で、風邪薬や頭痛薬を飲んでも、ほとんど副作用を意識することはないでしょう。それだけ安心できると言うことでもあります。国内でもしっかりと開発されていて、認可も厳しかったりするからかもしれません。ところがED治療薬だと認可を受けていながらも、副作用が出てしまうこともあるです。他の薬と比べると、ED治療薬は、やはり副作用を意識しないといけない薬と言えます。

軽いものから重いものまで症状は人によりばらつく

レビトラにおいても、副作用はやはりあって、気をつけないといけません。

それも軽いものから重いものまでと、さまざまです。利用するに当たっては、勃起不全を改善することが目的ですが、そのために体調をくずしたり、命の危険があっつては本末転倒です。ぜひ、体調もしっかりと管理しながらED治療に臨むようにしましょう。

そのためにも副作用は知っておくようにしましょう。
軽いものとしては次のようなものがあります。

まずよくものとして、顔の火照りがあります。あと、頭痛がする、目の充血、胃やお腹の痛み、動悸が起こるなどがあります。また、鼻づまり鼻水も起こったりもします。これらは、他のED治療薬、バイアグラやシアリスなどでも出てきたりもしますが、個人差も大きく、必ずしも出るものではありません。

また、副作用の程度の強さも個人ごとで変わります。他の男性かあまりないといっても、あなたも大丈夫かというと違います。実際に飲んでみないとわからないのです。

なお、飲みはじめの頃は慣れていないということで、副作用が出ることもあります。ですので、はじめは半分など少な目から飲むといいでしょう。

次に重いものですが、狭心症、心筋梗塞など心臓病の経験がある人、また治療中の場合には、その治療で使っている薬との併用で重い副作用をおこす恐れがあります。ニトログリセリン系などが薬に含まれていたら危ないです。あと、血圧の低い場合や腎臓病などの場合にも重い副作用をおこす恐れがあります。

得に飲み始める頃に病気がなければ、まだ個人輸入をして飲んでもいいかもしれません。ただし、その場合にも必ずしも大丈夫とは保障はできません。あと、病歴がある人やまた中高年の場合には、やはり1度は病院やクリニックにて診察してもらい、判断してもらったほうがより安全と言えます。ぜひ、体に気をつけながら、この薬やED治療薬を使いましょう。

Pocket
Digg にシェア