レビトラはどのくらいまで保管できるのか?

Pocket
Bookmark this on Digg

薬を開けたけど、飲まなかったなんてことありませんか。あと間違って封をきってしまったなんてことも1度くらいはあるでしょう。

普段使うような風邪薬や頭痛薬ならばそれほど、気になりませんが、ED治療薬だと気になっても仕方ありません。バイアグラだと一粒千円を越しますし、レビトラはさらに高くなります。開けてしまって、簡単に飲まないなんてことはできないでしょう。

レビトラ治療薬は2年保管できる

この薬は、病院やクリニックならば処方された日から、また購入しても手元に届いた日から約2年くらいはも保管できると言われています。それ以上だと、品質が落ちたり、あまり体によくないかもしれません。

これは、この薬をシートから開けて出していない場合です。シートから出しても、すぐにダメになることはありません。とはいっても、そのままではダメになります。

湿気や直射日光に気をつけて、ビンやケースに保管すれば1年は、ダイジョブとも言われています。むき出しでは衛生面でもよくないので、ビンやケースにしまいましょう。そして、それから早めに飲むようにしましょう。

あと、この薬を飲む場合、飲み始めの頃や20mgがすこし副作用が強いときなど、いろいろな理由でこの薬を割ってしまう、ピルカッターなどで、半分にするなどもあるでしょう。

特にこのような使い方も悪くはありません。量を調整しながら、無理をせずに飲んだ方が逆にいいのです。

ところが、この割った残りは、割らないときよりも早く劣化するようです。ですので、やはりビンやケースに入れておき、早めに服用することをおすすめします。
病院やクリニックで処方されたので、飲みわすれたり、あまったりしても、それから早めに飲むようにしましょう。もしくは、医師に相談して、そこから使うようにするといいかもしれません。

個人輸入サイトで購入したときには、箱にこの薬の錠剤が入っています。箱をみれば箱の側面などに使用期限があります。個人の場合だと、長くなる傾向もあるので、使用期限にも気をつけましょう。特に多めに買ったときには気をつける必要があります。

また、なおったあとに、ちょっと調子悪くなっからと、前の残りを飲んでみようということは控えた方がいいでしょう。もしも服用する時には、期限も確認しておきましょう。

Pocket
Bookmark this on Digg