ED治療の強い味方レビトラを思いっきり使おう

Pocket
Bookmark this on Digg

日本だけでなく、世界中の男性がEDについて悩んでいます。その症状も勃起すら完全にできないといった重いものから、勃起はするが十分に固くならない、また完全に大きくないというものや、また特定の女性には勃起しないなんて、そのパターンもさまざまです。他には、勃起しても挿入しても、中折れしてしまい、持続できないパターンもあります。完全に勃起できないのはかなりの問題で、治療には時間を要するでしょう。

レビトラは5mgからはじめるのが一番

この薬は、日本国内でもバイアグラに続いて、承認された薬です。ヨーロッパ、アメリカで2003年に販売が承認され、日本では2004年に販売が承認されたのです。この記事を書いている2016年の時点ですでに、10年以上も販売が続き、大勢の男性がに利用され続けているのですから、どれだけこの薬が実績があり、さらに信頼度が高いかわかるでしょう。こうしてみると、ED治療薬が登場した当初から、ED治療を支えてきた、強い味方ということもわかるでしょう。

レビトラも入手に当たっては、病院やクリニックで入手することができます。病院やクリニックでは、診察によりどの薬を処方するか、どの量にするかを決められます。EDになっている男性としては、確実に治せるのであれば、最初から量が多いのを希望することもあるでしょう。しかし、はじめから、量が多かったり、強かったりするとそれが効きにくくなったときには、対処が大変です。まずは、量は抑えて治療が始まるのが普通でしょう。
この考えをしっておけば、たとえ病院やクリニックで診察しないで、ネットでの購入をする場合にもまずは、量は控えてから始めることにしましょう。
特にレビトラは、5、10、20mgですが、ネットで他の薬を見れば50mg、100mgもあるくらいです。他が多いから、自分も多くしてみようはリスクも負いやすいです。まずは、5mgや10mgから始めるようにしましょう。

ネット購入ではレビトラ偽造薬に気をつける

ネットを見ると、悪質な販売サイトも存在するのも事実です。特にED治療薬が世に広まってきた頃には、たくさんありました。だんだんと優良なサイトがふえてきていますが、それでも悪質な販売サイトもあります。そこでは、レビトラの偽造薬が売られているのです。購入してしまうと、勃起すら治りませんが、時には体調を崩す、悪くするといったこともあるのです。ただ、お金を損すると言うのではなく、体調へも悪影響もあるのですから、なおさらサイト選びには神経をつかわないといけません。

レビトラで忘れてはいけない副作用

この薬は効果の点では、バイアグラに匹敵するくらいのものがあり、バイアグラよりもこっちがいいという声も多いです。バイアグラよりもこちらが今だと使いやすいとして、好まれる傾向もあります。ところがそうした反面、副作用があるのも事実です、ほてりや動悸、充血などいろいろとあります。詳しくは子ページにて紹介しますが、こうした、副作用とも付き合うことが、ED治療での新たな課題ともなるようです。

そもそも、バイアグラがかなり副作用が強いと言うのも実は、有名なことなのです。もちろん出る、出ないの差もあります。また、副作用の重さの違いも個人によって違います。ひどくなりすぎると、時には死亡したケースもあるくらいです。そんな副作用が大変として、バイアグラよりも副作用の弱いこの薬に乗り換える男性が多いのも事実なのです。また、飲む量、たとえば10mgだと副作用が出るが、5mgだと副作用は出ないなんてことがあります。ですので、いくらバイアグラより副作用が弱いといっても、この薬でも出ることはあります。どのくらいに量を使うかも実は、頭の悩ませ所と言えるでしょう。

正しい服用でレビトラ効果を出すには

こうした副作用を抑えて、効果をしっかりと出すためには、飲み方にも気をつけないといけまけん。飲むタイミングもできるだけ、空腹時に飲んだり、30分前までには飲んでおくこと、飲んでからもしっかりと性的な刺激をうけることなど、意識することもいろいろとあります。また妻や彼女といったパートナーの協力も必要不可欠です。パートナーに隠したりして、この薬を飲んだりしてもなかなかストレスがたまるなどして、効果を十分に引き出せないこともあります。
あと、飲む量も無理せずに量をしっかりと決めて、飲み続けることが必要でしょう。

ここまででレビトラのことをだいぶわかってきたのではと思います。さらにこの薬の詳細やED治療で気をつけることをいろいろと見ていきましょう。こうした知識をつけることがきっと、より効果的にED治療を進めていけるようになるでしょう。

Pocket
Bookmark this on Digg